フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

オッソの公式HP・ブログ

  • ①オッソ南砂店 公式ホームページ(Topページ)
    2015/10/20、オッソ南砂ホームページがリニューアルオープンしました!スケジュールや料金案内など、とても見やすくなりました。 スマートフォンでも快適にご覧頂けます!
  • ②WEB入会予約ができるようになりました!!
    24時間365日受付中!スマートフォンでもパソコンでもカンタンに入会予約ができるようになりました。WEB入会予約限定のオトクな割引もあります!
  • ③インストラクター代行のご案内
    オッソホームページにて、インストラクターの代行表を掲載しております。 ブログ記事でもお知らせいたしますので、皆様のスケジュールと合わせてご確認くださいませ。
  • ④ダイブロ
    スポーツクラブオッソダイビングスクールの情報が満載のブログです。ライセンス取得講習、ツアー情報、器材販売など、お知りになりたい方は、こちらをご覧下さい。

これからの天気

  • これからの天気は…?

ランキングに参加しています

  • 「被災地復興」 応援クリックお願いいたします
  • 応援クリックお願いします
無料ブログはココログ

« オッソでスポーツを! | トップページ | マイブーム »

2010年10月19日 (火)

シルエットロマンス

月面宙返り~ムーンサルト~

 後方(前方)二回宙返り一回ひねり

  

唯一知っている

体操競技の技名です。

  

知ったキッカケは

今から20年以上前に読んだ

『空のキャンバス』という

体操競技マンガ。

  

スポーツ関連マンガの

代表作と言えば

  

 ・あしたのジョー

 ・エースをねらえ

 ・アタックNo1

 ・キャプテン翼

 ・キャプテン

 ・オフサイド

 ・スラムダンク

 ・テニスの王子様

      などなど。

  

誰もが一度は読んだ

或いはTVで観たコトがあり、

  

  感動した! とか

  憧れた!  など

  

思い出のマンガとして

心に残っているのでは

ないでしょうか?

  

それと同じぐらい

この『空のキャンバス』

というマンガは感動し、

心に残るマンガでした。

  

ちなみにこんな絵柄です。

  

Sorakyanjcs

  

‥つか、

知ってる人いますかね?

  

  

あらすじを言うと…

  

幼少期にヒーロー戦隊を

気取ってた主人公の前に

後に「あいつ」と呼ばれる人物が現れ、

目の前で月面宙返りを披露する。

  

負けず嫌いの主人公は

その日から月面宙返りの練習を

独自で行なうが上手くいかず

「あいつ」に笑われる日々を送る。

  

  そんなある日。

  

ちょっとしたはずみで

高台から誤って転落した

「あいつ」を救うために主人公は

折れた大木の幹に背中から落ち、

串刺し状態に近い重症を負うコトになる。

大怪我を負いながらも

気を失う前に交わした約束。

  

  オレはお前を超えてみせる!

  男と男の約束だ!

  

一命を取り留めた主人公に対して

責任を感じながらも「あいつ」は

ある一つのプレゼントを贈る。

  

  “す”という文字の入ったマント

  

元々ヒーロー戦隊の

アクションに憧れてた主人公にとって

それはスーパーマンの“す”だと

思っていたが、それは

  

  “好き”の“す”という意味だった。

  

男の子とばかり思っていた「あいつ」は

実はボーイッシュな女の子だった。

  

その真実を打ち明けられず

「あいつ」は町を去った。

  

  

月日は流れ、

中学生になった主人公は

永遠のライバルと認めた「あいつ」に

勝つために体操を始め、

順調に実績を上げていく。

  

同じ頃、女子体操界で

名をあげてきた「あいつ」は

永遠に想い続ける相手として

“す”の人との再会を

楽しみにしていた。

  

  体操をやっていれば出逢える!と。

  

互いにそう思っていた。

  

しかし、出逢いはあっけないもので

「あいつ」の家に居候として

主人公はやってきた。

  

  “俺にはライバルがいる”

  “私には想い続けてる人がいる”

  

互いに幼少期から

思い続けていた人が

こんなにも近くにいるコトも知らずに

けなし合ったり、ふざけ合ったりする

日々の中で真実を先に知ったのは

「あいつ」だった。

  

偶然見つけた

ボロボロで血まみれの

“す”の文字の入ったマント。

  

更には背中全体を覆う

星型の傷跡。

  

それは主人公の病状を

現すものでもあった。

  

  あの転落事故を機に

  犯された病気。

  

いつ死んでも

おかしくないカラダを

ここまで立ち上がらせてくれたのが

「あいつ」との約束を果たすための

気力と精神力。

  

  その「あいつ」が

  女の子だと知ってしまったら…

  

涙ながらに悩む「あいつ」に対して

一心に体操に打ち込む主人公

  

「あいつ」にとってみたら

それはとても悲しく

残酷な真実だった。

  

  

そんな二人のやり取りを

コミカルに、または感動的に

もちろん体操競技に没頭する

スポーツマンガ。

  

  

いい作品です。

  

  

なぜ月面宙返りから

空のキャンバスの話題に

触れたかというと

明日から開幕される

  

【世界体操選手権2010】

  

意外に楽しみにしてるンです。

  

特に注目している選手がいるとか

興味のある種目があるとかではなく

ただ体操競技を見たいダケ。

  

カラダ一つで

飛んで、宙返りして、

はたまた宙で静止したりして

肉体の限界を超えるような

競技が繰り広げられるのは

ただただスゴいと思うンです。

  

逆立ちや前宙返りすら

出来ない私にとっては

ホントスゴいッ!と

思います。

  

  

大学時代に体操競技を

やってた知人が言うには、

体操選手ってウェイトトレーニングに

あまりマシンを使わないと

聞いたコトがあります。

  

ほとんどが

自重でのトレーニング。

  

逆立ちのままで

腕立て伏せとか、

吊り下げられたバケツに

足を突っ込んで

あん馬で足を回すとか。

  

他にもいろいろあるようで

聞いているダケで

疲れてくるぐらい

とにかくハードな

自重トレーニングでした。

  

まァ、スポーツ競技において

ラクなトレーニングなんて

ないンですケドね。

  

そんな話を聞いてたせいか

体操競技には

とても興味があるンです。

  

  

リアルタイムでは

観れないので

ダイジェストでも観ようと

思います。

  

  

  

さッ、

今日は陽が射してない分、

秋の気配を更に感じる日に

なってますね。

  

傘と一枚多く羽織るモノを

持ってた方がいいようです。

  

風邪には

十分お気をつけ下さい。

  

  

  

以上、小学生時代に

バク転が流行ってた時に

友達が張り切ってバク転をやったら

一人バックドロップ状態になってしまい、

大泣きしてる姿に

大爆笑したコトを思い出した

東江がお届け致しました。

  

  

それではまた。

« オッソでスポーツを! | トップページ | マイブーム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルエットロマンス:

« オッソでスポーツを! | トップページ | マイブーム »