フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オッソの公式HP・ブログ

  • ①オッソ南砂店 公式ホームページ(Topページ)
    2015/10/20、オッソ南砂ホームページがリニューアルオープンしました!スケジュールや料金案内など、とても見やすくなりました。 スマートフォンでも快適にご覧頂けます!
  • ②WEB入会予約ができるようになりました!!
    24時間365日受付中!スマートフォンでもパソコンでもカンタンに入会予約ができるようになりました。WEB入会予約限定のオトクな割引もあります!
  • ③インストラクター代行のご案内
    オッソホームページにて、インストラクターの代行表を掲載しております。 ブログ記事でもお知らせいたしますので、皆様のスケジュールと合わせてご確認くださいませ。
  • ④ダイブロ
    スポーツクラブオッソダイビングスクールの情報が満載のブログです。ライセンス取得講習、ツアー情報、器材販売など、お知りになりたい方は、こちらをご覧下さい。

これからの天気

  • これからの天気は…?

ランキングに参加しています

  • 「被災地復興」 応援クリックお願いいたします
  • 応援クリックお願いします
無料ブログはココログ

« 春眠暁を覚えず…? | トップページ | 暖かくなりました。 »

2010年4月10日 (土)

自転車を漕ぐ事による運動効果と使用される筋肉、および漕ぎ方による効果の違いなど

サンデーマンデーチューズデーウェンズデーサーズデー

サーズデーフライデーサッタデーオッソログの日~

   

先日、東京大神宮へ今年2回目のお参りに、自転車で行ってきた石井正人です

ちなみに、年明け1回目のお参りでは、

Photo_6

 恋愛:あきらめなさい

と言われましたが、今回は

 恋愛:愛情を捧げよ

2回目の「あきらめなさい」を引きたかったのですが、複雑な心境の「大吉」でした

さて4月になって、10日が過ぎましたが、新プログラムや休館日にも慣れましたでしょうか?

私、石井は「Xバイキング」が無くなったこの時期に、サイクリングにハマっております。

そこで、今日はトレーナー的な観点から、自転車の効用と筋肉について御紹介したいと思います。

(たまにはトレーナーっぽいことを書きます)

   

実は自転車は、一般的な消費カロリーで言うとジョギングの半分くらいのカロリー消費量しかありません。

「えっ!?そうなの?」と言われそうですが、そうなんです。

消費カロリーを増やそうと思ったら、自転車よりもジョギングの方が効率的なのです。

ですが、私も含めて、ここまで自転車フリークが誕生するには、それなりのメリットがあるからなのです。

   

1、誰でも楽にできる

 自転車に乗ったことが無い人は、ほとんどいないと思います。

 それだけ一般的に普及している乗り物なので、とても始めやすい運動です。

 「病気や怪我で立つのがやっと」という方のリハビリでも、エアロバイクなどが利用される事から考えても、楽に運動が継続できる事が納得いただけると思います。

 ジョギングやウォーキングに比べて、敷居の低い運動なのです。

   

2、体への負担が少ない

 ジョギングでは体重の3倍程度、ウォーキングでも体重の1.2倍程度の衝撃が、地面に着地した際、足首や膝にかかってきます。

 それに比べて、自転車ではサドルに座った状態でペダルから足が離れないので、衝撃は体重以下に抑えられると言われています。

 関節への負担が少ないから、体に痛みも出にくく、疲労が溜まらないから、毎日でも続けられる。

 結果的に運動量が増えて、ダイエットにつながる場合も多いそうです。

   

3、自分のペースで楽しめる

 ジョギングやウォーキングで、じぶんの運動強度を調節するのって、なかなか大変です。

 しかし、ギア付きの自転車であれば、その時の気分で「負荷の調節」が簡単にできます。

 軽めのギアでゆっくりと動けば、軽い負荷で運動が続けられるし、重いギアで一気に加速すれば、運動強度も運動効果も一気に上がります。

 強度調節がしやすいのも自転車の特徴です。

   

4、気持ち良く続けられる

 有酸素運動を続けていくと、体温が上がり、それを下げようと、汗が出てきます。

 汗が蒸発せずに溜まると疲労が溜まり、運動を辞めたくなってきます。

 自転車はジョギングやウォーキングよりもスピードが出せ、風を受けて汗がドンドン乾く為、体温が上がりにくく、長く運動するのに向いています。

 空冷式のエアロビクスとも言え、長く気持ち良く続けられるのです。

   

5、全身の筋肉が鍛えられる

 自転車は下半身の運動だと思われがちですが、実は様々な筋肉が動員されます。

Po04_photo01_2 

 ① ペダルをこぎ出す時には、太もも前の「大腿四頭筋」が使われます。

  (ペダルを時計に見立てた時、0時あたりから5時あたりの部分だそうです)

 ② ペダルをこぐ動作の後半では、お尻の筋肉「大殿筋」や、モモの裏側の筋肉「ハムストリングス」が使われます。

  (5時あたりから8時あたりの部分だそうです)

 ③ ペダルに力を加えるのに、ふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋」も使われます。

 ④~⑥ 体幹を保つのに腰周りの「脊柱起立筋」や、ハンドルを支える為に背中の「広背筋」、ハンドル操作では腕の「上腕二頭筋」や「上腕三頭筋」も利用されます。

   

そう言えば最近、美容院に行ったとき、担当の美容師さんに

「自転車って脚が太くなりません?太ももパンパンになったら嫌なんですけど…」

と言われました。

太ももを太くする筋肉は①の大腿四頭筋

なので、②を意識して行えば大丈夫だと言われています。要するに、

ペダルをこぐ時に、「5時~8時の部分」(脚を後ろに巻き上げる部分)を意識して行えば、太ももは逆に細く締まったり、お尻がキュッと上がったりする

のです。

更に、つま先を下げた状態でペダルをこぐと、③下腿三頭筋も使われるため、

ふくらはぎも引き締める効果が期待できます。

イメージは「つま先を差し込む様に、巻き上げてこぐ!」事です。

   

これから暖かくなり、外に出るのが楽しい季節になってきます!

もちろん外にツーリングに出かけても良いですが、手始めにOSSOのエアロバイクを!

自転車こいで「目指せ!夏BODY!!」

   

では、今回はちょっとトレーナーっぽい所をアピールできたと思いつつ…

   

レッツエンジョイスプリ~~~~~~ング in スポーツクラブOSSO~~~~

   

オッソのジムでお待ちしておりマース

   

« 春眠暁を覚えず…? | トップページ | 暖かくなりました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 春眠暁を覚えず…? | トップページ | 暖かくなりました。 »